カメラマンとは

カメラマンの仕事は、美容関連の撮影や、モデルや風景などの撮影を行うことがメインの仕事となります。

目指す道は多種多様

009264カメラマンになるにはいろいろな流れがあり、美大や写真学校などで写真についての勉強をしたあと、自分が尊敬している写真家に私事してアシスタントをしながらさらに技術を磨き、カメラマンとしてのデビューをするという方法がひとつ。
同じく学校で写真を学んだあと、カメラマン事務所に所属をして、先輩カメラマンのアシスタントをしながらステップアップしていく、という方法がひとつです。

前者の写真家のアシスタントになる方法は、自分が写真家としてデビューするにはかなりの時間がかかりますが、自分が尊敬している写真家のアシスタントとして働くことができれば、その人の技術を生で体感することができるので、勉強になることが本当に多いと思います。

後者のカメラマン事務所に所属する場合は、広告会社などで仕事をしたいというときに、その流れなどについて身を持って働きながら学ぶことができるので、こちらもとても有意義です。
しかし、こうしたカメラマン事務所は上が詰まってしまっていることから、なかなかアシスタント以上の仕事に就くことができない、という現実もあります。

この場合、事務所を退社して独立し、フリーランスのカメラマンとして働き始める方も多いのですが、フリーのカメラマンは本当にたくさんいますので、なかなか自活できるほどの仕事を見つけることができないのが現状です。
写真家のアシスタントに入るにも、カメラマン事務所に所属するとしても、カメラマンの世界はかなり厳しいものだと考えてよいでしょう。

活躍できるのはほんの一部

カメラマンとしていち早くデビューすることができるのは、大きなコンテストなどで優秀賞をとる、または入賞するなどという方法が効率的ではあります。
しかし、何千人というカメラマン志望の人々が出品していますので、本当に狭き門であるといえるでしょう。

カメラマンになるためには、いろいろな道がありますが、第一線で活躍できるのは志望者の中でもほんの一握り。
その他の人たちは、自活するためにアルバイトと並行しながら活動しているという人も少なくありません。
しかしカメラマンという仕事は、そこまでしてでも目指したいという魅力がある仕事なのだともいえます。

■カメラマンに向いている人(作成中)
■カメラマンの給料(作成中)