知りたい!モデルに携わるお仕事 » カメラマンの給料

カメラマンの給料

カメラマンの収入は、その人それぞれで本当に差があります。
ほかの業種の場合、会社員よりもフリーのほうが収入が高い場合などがありますが、カメラマンにおいては必ずしもそうとは限りません。

カメラマン事務所があり、カメラマンがたくさん所属していて広告代理店などから依頼を受けて撮影などの仕事をしている会社があります。
それぞれが社員で雇用されていますので、毎月決まった収入を確保することができますが、アシスタントになるとやはりお給料は低く、年収300万円にも満たない方が多いです。

カメラマンが多数所属しているため上が詰まっており、なかなかアシスタントからカメラマンに昇格できないということもあるため、独立してフリーのカメラマンになる人もいます。
しかし順調に仕事が取れるとは限らないので、会社員勤めのときよりも収入が減ってしまうということも。
そこで、再度カメラマン事務所に就職し直すという人もいれば、フリーのカメラマンとして成功し、雇用されていたときよりも高い収入を得ている人もいる様子。

このことからも分かるように、フリーランスでカメラマンとして活動している人の収入にも大きな差があります。
雑誌などでよく見かける有名なカメラマンになれば、年収は何千万円にもなるでしょうし、やはり年収が200万円にも満たないという方もいます。
平均的には、雑誌の撮影であれば1カット1万円前後というケースが多いようです。

ちなみにカメラマンの修行中であるアシスタントの場合は、月収が15万円前後だといわれています。
それでも収入は安定しているほうで、少ない人は10万円前後の収入でアシスタントとして働いており、足りない分は副業のアルバイトなどでまかなっている方も多い様子。
仕事がとてもハードな割には収入が非常に少ないですが、勉強しながらお給料をいただいていると考えると、ありがたいと思えるかもしれません。

このように、カメラマンの収入は一般企業に雇用されている人と比べるととても不安定ですが、「本当に好きなことを仕事にしている」という満足感がありますので、不満に思う方は少ないようです。
ただし、独身のときはそれで十分なのですが、結婚をして家庭を持ったときに、家族を養っていけない場合がありますので、そのときはカメラマンとしての働き方を見直すか、別の収入の良い職業に転職してしまうという方もいらっしゃるのだとか。

ほとんどの方は、何らかの形でカメラマンとして働いていくことを選択しますが(ほかの仕事のスキルがないということもありますが)、カメラマン一本で生計を立てていくということは、かなり厳しいということはいえると思います。