知りたい!モデルに携わるお仕事 » カメラマンを目指す学校

カメラマンを目指す学校

技術を学ぶなら学校へ行くべき

カメラマンになるなら資格は必要なく、写真を撮る技術さえあればカメラマンになることは可能です。
もしもカメラや写真に関する技術を学ぶなら、独学で学んでいくという方法もあります。
独学でも一人前として通用する技術を身につければ、カメラマンへの道はあります。
しかし、もしも技術の学び方がわからないというなら、専門の学校で学ぶという方法もあります。

もしも独学で学ぶというなら、学校で学ぶよりも多くの時間と努力が必要になるのは確かです。
しかしながら最近はそのような講義をしているようなサイトや参考書などもありますので、あなたの熱意と時間があれば独学で学ぶことも可能ではあります。

そして技術を身につけたら、カメラマンとしての道を目指すこととなりますが、多くの場合はカメラマンのアシスタントとして働いて徐々に仕事での技術などを学びカメラマンになる方法と、スタジオに勤めてカメラマンとして働く方法があります。
もしも有名になれば独立してフリーとしての道もありますが、これはまずは技術を磨いて認められないといけないので、すぐにはなれない道です。

技術を学ぶための学校

カメラマンとしての技術を学べる学校としては、専門学校・それ以外のスクール・大学があります。

・専門学校
一番学ぶところとして思いつくのが専門学校でしょう。
日本全国に写真などの技術の学べる専門学校があり、日本写真芸術専門学校などがその一例です。
専門学校は2年制または3年制の場合が多く、時間をかけてじっくりと技術を学んでいき、学校によってはその学校独自のイベントも開催しているところもあります。
講師によっても講義内容が違いますので、どの講師の学校を選ぶかでも何を学べるか違ってきます。

・スクール
専門学校は学校法人ですが、そうでないところのスクールでも写真などの技術を学べるスクールはあります。
東京写真学園などがその一例です。
このようなスクールでは、専門の講師がいませんが、その代わりにプロのカメラマンを講師として招いている場合が多いので、より仕事や実戦に近い技術を学べることが多いです。
場合によってはカメラマンのなり方や、仕事の様子なども聞くことが出来ます。
夜間制のスクールもあるので、昼間忙しい人向けの場所とも言えるでしょう。

・大学
4年制大学や短大でも写真の技術を学べるところはあります。
日本大学芸術学部写真学科などがその一例です。
しかし大学の場合は、写真論を中心とした講義のところや、メディア全般に関することを学べるようなところまで、その大学によって学べる内容は違います。
そのためにまずは、どの大学で何を教えているか調べて、あなたの希望が学べるところへ行くと良いでしょう。