知りたい!モデルに携わるお仕事 » ディレクターとは

ディレクターとは

モデルに関わる仕事として、TV番組やラジオ番組等のディレクターもあげられるでしょう。

監督的ポジション

ディレクターの仕事にはさまざまなものがありますが、大きくいうと「ひとつのものをつくり上げるまでに、その現場監督的な役割をする、まとめ役」的なお仕事であるといえるでしょう。

テレビディレクターの場合は、ひとつのテレビ番組をつくるにあたり、さまざまなスタッフがいますので、そのスタッフたちを取りまとめ、流れをスムーズにすることが仕事になります。
スタッフだけではなく芸能人のこともとりまとめなければならないので、かなりハードな仕事です。

現場でテレビ番組を制作している様子を都度チェックし、音響を変更したほうがよいと感じた場合には音響スタッフに指示を出し、照明に変更を入れる必要があれば、照明に指示を出すのもディレクターの役目。
出演予定の芸能人がへそを曲げて仕事をしたがらないときは、アシスタントディレクターがご機嫌取りをするようなことも。
こうした裏話を耳にしたことがある方も多いかと思います。

テレビディレクターだけでなく、ディレクターはいろいろな業界に存在します。
Webディレクターは、ひとつのWebサイトが完成するまでのまとめ役を担い、CMや広告代理店のディレクターも、CMや広告が完成するまでのまとめ役を担います。
常に多方面からものごとを見て、いろいろな場面で都度最善の対応をとらなければならないので、かなりストレスの溜まりやすい仕事であるともいえるでしょう。

下積みが大変

テレビディレクターになるには、アシスタントディレクターから入り、実力をつけてメインのディレクターになる、という流れが一般的です。
しかしアシスタントディレクターは本当に仕事がハードな上に、ありとあらゆるスタッフの小間使い的な役目もこなさないとならないため、かなり心身ともに辛い思いをすることが多いようです。
そのため、100人のアシスタントディレクターがいたとしたら、ディレクターまで上がっていくのはほんの一握りなのだとか。

■ディレクターに向いている人(作成中)