知りたい!モデルに携わるお仕事 » ディレクターに向いている人

ディレクターに向いている人

ディレクターに向いている人は、テレビ番組や映像が好きであるということがとても重要だと思います。

ディレクターになるとかなり仕事のやりがいも出てきますが、ADと呼ばれるアシスタントディレクターは、ほぼ小間使いのようなもので、かなりの激務となりますので、本当に好きだという気持ちがなければ一人前になるまで続けることができません。
テレビ業界での仕事をしたくてADになったはいいものの、心身ともに過酷な仕事に耐えかねて脱落していったという方は大勢います。

次に、ディレクターという仕事は演出全般を管理する仕事になりますので、論理的な思考を持っているということも大切です。
番組は、例えばバラエティ番組であれば、ゲストの発言や司会、セット、進行など、たくさんの要素が合わさってひとつの番組として構成されます。

そのそれぞれの要素について別々に考えて、それを組み立てたときのバランスはどうなのか、あまり良くない場合にはどこを修正すればいいのか、ということを論理的に考えられる人が、より面白い番組をつくれる人だということに繋がっていくからです。
端々が面白いだけでは、視聴者にはその面白さが伝わりません。全体的に見て面白いかどうかを判断できる能力が必要になります。

また、これはほかの業界についてもいえることですが、コミュニケーション能力に長けているということも重要な要素になると思います。
テレビ番組や映画は、たくさんの人がそれぞれの仕事をこなすことで構成されています。
照明や大小道具、美術、音響、タレントなど、それぞれの人が集まってひとつの番組をつくっていて、その人たちとまとめているのがディレクターです。
そのたえ、人とのコミュニケーションがうまくとれないと、みんながバラバラになってしまって番組づくりが進みません。
人をまとめられる能力がある人は、ディレクターの仕事に向いているといえるでしょう。

そして、なんといっても心身ともにタフなこと。
テレビ番組の制作は、ご存知の方も多いようにとてもハードです。
1本の番組をつくって仕事が終わるということはなく、毎日幅広い仕事をこなし、いくつものプロジェクトを掛け持ちして番組をつくらなければならないということも。
そしてそれらに関わるたくさんの人をまとめていかなければならないので、メンタル的にも身体的にも虚弱体質では務まりません。
ディレクターの仕事をしたいと考えている方は、まずは心身を鍛えることが最重要ともいえるかも!?