知りたい!モデルに携わるお仕事 » ヘアメイクアップアーティストとは

ヘアメイクアップアーティストとは

ヘアメイクアップアーティストの仕事は、モデルの撮影やドラマ、コンサートにおいてヘアメイクをすることがメインのお仕事です。

働き方はいろいろ

ヘアメイクアップアーティストはいろいろな形で働いています。
ひとつは、ヘアメイクアップアーティストの事務所に所属して、仕事が入ったときに出動し、仕事をするという働き方。
仕事が入ったときだけ仕事をする、というフリーランス的な働き方をしている人もいれば、撮影関連の仕事が入らない間は、提携しているヘアサロンで仕事をしている、という方もいらっしゃいます。

そのほか、すっかりフリーランスで活動しており、ネットワークを通じて仕事のオファーを受け、毎日のように第一線のヘアメイクアップアーティストとして活躍している方も。
働き方はさまざまですが、より安定した働き方をしたいという方は、ヘアメイクアップの事務所とヘアサロンを提携して運営しているところで働くのがよいかと思います。

目指すには

ヘアメイクアップアーティストになるには、まずは美容学校を卒業し、美容師の国家資格を取得することが必須となります。
美容師の国家資格をする上で何が大きいかというと、顧客の髪をカットすることができるかできないか、という面が大きいので、スタイリグだけなら美容師の国家資格は必要ないのでは、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

参考サイト:ヘアメイクアップアーティストnavi

しかし前述したように、事務所に所属する場合は、提携のヘアサロンで働く場合もありますので、そのときは美容師の資格は必須となりますし、撮影時のスタイリングでも、そのときの撮影に合わせてその場で少し前髪をカットする、という対応を行うことはしょっちゅうありますので、美容師の資格は必ずといってよいほど活用することになるでしょう。

その後は、前述したヘアメイクアップアーティストの事務所に所属することが、仕事に入る一番の近道ですが、そのほかにも、フリーで活躍しているヘアメイクアップアーティストのアシスタントとして仕事をする、ということもひとつの方法です。
ヘアメイクアップの仕事は、さまざまな場面で活躍することができますし、独立もしやすい、やりがいのある仕事だと思われますので、ヘアスタイリストを目指している方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょう。

■美容師検定(作成中)