知りたい!モデルに携わるお仕事 » ヘアメイクアップアーティストの給料

ヘアメイクアップアーティストの給料

美容院での仕事を並行して行うケースが多い

ヘアメイクアップアーティストは、ファッション誌の撮影やコンサート、広告でのヘアスタイリングを行うのが主な業務になります。
こうした華やかな仕事だけではなく、結婚式や七五三、成人式などのスタイリングを手がけるヘアメイクアップアーティストも多いです。

仕事が入ったときは、基本的に現場に出張して仕事をしますが、それ以外のときは所属している美容室で美容師として仕事をしている人がほとんど。
今をときめくヘアメイクアップアーティストは、現場以外では有名美容室のカリスマ美容師として働いています。

そのため、報酬においては一人前のヘアメイクアップアーティストならある程度まとまった金額が入ってくるようです。
美容室での仕事のほかに、撮影などの仕事が入れば、そのギャラは別途支給されます。

撮影の依頼が入るような人であれば、美容室での指名数もかなりの数ですし、スタイリング本などを刊行したり、ヘアーショーや講習会などを開くなどさまざまな仕事をしています。
売れっ子ヘアメイクアップアーティストになると年収1,000万円を超える人もいるかもしれません。

フリーの報酬は?

美容室やヘアメイクアップアーティストの事務所から独立した人は、やはり撮影現場などでヘアスタイリングの仕事をする人が多いですが、現場だけの仕事をするのではなく、独立して自分のサロンを開店し、撮影などの仕事と並行している人が多いようです。

仮にフリーで現場の仕事だけを行うという場合は、よほどの売れっ子であればまとまった収入を得ることができますが、超一流でない限りは美容師の仕事と並行している人よりも、収入自体は少ないと思われます。

メイクアップアーティストになると、メイクサロンを開くというケースは少ないので、ヘアメイクアップアーティストのほうが安定した収入が確保できる職業だといえるかもしれません。
前述した仕事内容のほかに、売れっ子ヘアメイクアップアーティストになるとヘアアイロンや整髪料をプロデュースする人もいますので、こうした収入も加味すると、独立後は相当な収入を得られているのではないでしょうか。

とはいえ、こうした一流のヘアメイクアップアーティストになり、高収入を得ている人は全体のほんの一握り。
あとはたまに現場の仕事が入っても、一般の美容師とさほど収入が変わらないという人も多いようです。

芸能界も年収が200万円を超える人は全体の1割に満たないといわれていますから、業界系の仕事はかなりシビアだといえるでしょう。