知りたい!モデルに携わるお仕事 » 照明スタッフとは

照明スタッフとは

需要の高い仕事

照明スタッフの仕事は、アーティストのライブやコンサートでの照明の調整やドラマ撮影を行っているスタジオでのライティングを行う仕事がメインになります。
こうした照明の仕事は意外と多く、スタジオでの撮影では必ずといってよいほど照明スタッフを必要としますし、外でのロケでも照明を持参して撮影が行われますので、需要は比較的高い仕事です。

最初から照明スタッフになりたい、と思って専門学校などを卒業し、その道に進む方もいらっしゃるかと思いますが、どちらかというと照明の仕事を最初から意識していたという方は少なく、似たような業界の別の道を進んでいくうちに、照明の仕事を知って、キャリアチェンジした、という方のほうが多いようです。

目立つ例だと、もとは美容メインのモデルとして活動していたけれど、モデルのしごとに限界を感じ、キャリアチェンジを検討したときに照明の仕事に出会った、という方がいらっしゃいます。
もともとモデルとして活躍されていたので、照明のノウハウについてはなんとなくわかっていましたが、やはり専門知識については不十分だったので、専門学校に進んで勉強して、その後モデル時代のネットワークを通じて照明関連会社に就職したのだそうです。

照明専門のスクールも

照明だけの専門学校というのはかなり少ないと思われますが、アートやデザイン系の学校では、照明に関することを学べる学科がありますのでこうした学科に進んで学びを深めていく方が多いようです。
専門学校は比較的入学しやすいので、予算が合えばすぐにでも入学できます。

照明の仕事は突き詰めていくとかなり奥が深いので、やってみたら意外とハマってしまった、という方も多いよう。
専門学校は見学などを随時受け付けているほか、資料請求も手軽ですし、電話などの問い合わせも丁寧に受けていただけますので、気になる方はぜひ下調べしてみるのもよいと思います。

■照明スタッフを目指す学校(作成中)