知りたい!モデルに携わるお仕事 » 照明スタッフを目指す学校

照明スタッフを目指す学校

照明の仕事に就きたいと考えている方は、ライティングについての知識を習得する必要があります。
以前は、未経験でも実務を通して仕事を覚えていくということが可能でしたが、最近は専門学校などでライティングの基礎知識について学んでから、実務に入るという方が多いようです。

ライティングに関する学校なんてあるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はあるんです。
証明についての専門学校では、舞台の証明やライブでの照明などについてしっかりと知識を習得することができます。

テレビ関係の仕事に就きたいという方が進学するような、放送系の学科があるる専門学校では、ライティングについての学科もあり、そこで照明について学べます。
こうした専門学校では、テレビの照明を始め、コンサートのライティングや舞台照明など、さまざまな場での照明について実習を通して学ぶことができるので、この道に進みたいと思う方には最適です。

実際にプロが行っている照明の現場に触れることができるのはもちろん、その機材に自分たちも触れることができるので、現場で仕事をしているような感覚で実習を受けることができます。
合宿などもあるので、同じ志を持つ仲間と楽しみながら学びを深められ、勉強はもちろん、とてもよい思い出づくりができるのです。

また専門学校では、ディレクターやカメラマンを目指している別の学科の生徒たちと、番組をつくるという実習もあります。
実際にテレビで放送できるような本格的な番組作りを、それぞれのポストの学生たちと協力し合いながら制作していくので、実務についてからもスムーズに仕事に入ることができるように授業カリキュラムが構成されているため、とても勉強になります。

番組制作は、バラエティや情報番組をつくる課題もあれば、ドラマを制作する課題もあります。
ドラマ制作でも、スタジオロケの場合は照明が重要になりますので、バラエティとはまた違った照明の管理を行うことができ、これもとても勉強になりますよね。

本格的に照明について学びたいという方、また仕事に活かしたいという方は、ぜひこうした専門学校に通われることをおすすめします。
ただし学費はかなり高額になる場合が多いほか、社会人として仕事をしながら専門学校のカリキュラムに並行して取り組むということは難しいと思われますので、できれば就職をする前、高校卒業後の進学のときに専門学校に進まれたほうがよさそうです。