知りたい!モデルに携わるお仕事 » メイクアップアーティストとは

メイクアップアーティストとは

メイクアップアーティストは、モデルや芸能人にメイクを施すのがメインのお仕事。
最近はタレント的な活動をしているメイクアップアーティストも多いので、テレビなどで目にする機会も多いのではないでしょうか。
有名なメイクアップアーティストになると、美容本を出版されている方も多く、これらの書籍がかなり売れているようです。

なるには

メイクアップアーティストになるには、メイクの専門学校を卒業して、メイク関連の事務所やメイクを行う美容室などで働きながら、撮影時には出張をして仕事をする、という方が多いようです。
ファッションスタイリストになると、特に服飾の学校を出ていなくても、仕事に就くことができるケースもありますが、ヘアメイクアップアーティストやメイクアップアーティストの場合は実際に一の肌や髪に触れて行う仕事になりますし。より専門的な知識が必要になるため、学校を卒業していないという方は少ないかもしれません。

メイクアップアーティストからヘアメイクアップアーティストの仕事もするようになった、とうい方、またはその逆という場合にも、ひとつの知識に長けているからよいということではなく、もうひとつの学校もちゃんと卒業して、実務に入るという方も多いようです。
これらの仕事は、学校で学ぶ基礎がとても有意義であるということがいえます。

美容室でも活躍

ヘアメイクアップアーティストの仕事は、撮影だけではなく美容室などでも活用することができますので、美容師の資格とメイク関連の資格をどちらも取得されているという方は多いようです。
また、こちらも独立してフリーで活躍しやすい仕事であるといえますので、最初は事務所などに所属をして仕事をしていても、いつか自分の城を持ちたいという目標を持って働いている方がたくさんいらっしゃいます。
目標があると、毎日の仕事にもよりやりがいが出てきますね。

■メイクアップアーティストに向いている人(作成中)
■メイクアップ技術検定(作成中)
本物のモデルさんにメイクしたい!