知りたい!モデルに携わるお仕事 » メイクアップ技術検定

メイクアップ技術検定

メイクアップ技術検定は、JMAという団体が運営している、正しいメイクのあり方、その知識などについて検定する資格です。

4級から1級までで構成されており、それぞれのレベルに合わせた問題が出題されます。
4級は肌や顔の基礎知識、色彩についてなどの範囲から出題され、3級はスキンケアからベースメイクまでの基本的な知識が出題されます。
2級は3級の内容からさらにレベルアップした問題が出題されるほか、フルメイクについての問題も出ぢされます。
1級はメイクアップを行う上でのモデルとのコミュニケーションについて、またカウンセリングやアドバイスなどについての問題が出題されるほか、3級や2級の出題範囲からも問題が出るようです。

受験費用は、JMAの会員の方、または認定校に在学している方は14,500円、これらに所属していない方は29,500円です。
テキスト代は別になりますので、美容関連の民間資格の中ではかなり費用が高い資格になると思われます。
それぞれの級について同じ価格です。

こちらの資格は、認定校の講座を受講しないと受験資格がないというものではありませんので、独学でも十分に合格できると思われます。
また受験資格もないため、どなたでも受験することが可能です。
一般の場合は受験費用が高くなりますが、JMAの会員になるのにも、認定校で学ぶのにもそれぞれの費用が必要となりますので、トータルで考えてどちらにするべきかを検討されるとよいでしょう。

メイクアップアーティストになるには、資格が必要ということはありませんので、現役でメイクアップアーティストとして活躍されている方は、こういった資格を取得していないかたも非常に多いです。
しかし、資格がなくても仕事をすることができる分、自分の持っている知識のレベルが保たれているかということを確認する術がないため、知識を深め、その知識の習得度を図りたいという方は、こうした資格を受験してみるのもよいと思います。

メイク関連の資格はさまざまありますが、JMAで運営されているこちらのメイクアップ技術検定が主流となりつつあるようですので、より知名度の高い検定を受けたいということであれば、こちらの検定がおすすめです。

メイクアップアーティストを目指している方はもちろん、百貨店などの美容部員を目指している方、またすでに美容部員として仕事をされている方も、知識習得のためにこちらの検定を受験されている様子。
メイクについて学ぶ機会というのはなかなかありませんので、資格受験を通して学びを深めるというのも効率のよい学習方法だといえるのではないでしょうか。