知りたい!モデルに携わるお仕事 » プロデューサーとは

プロデューサーとは

TVで様々なモデルさんが活躍していますね。
それゆえ、TV業界の仕事は自然とモデルさんと携わるお仕事となります。

決定権をもつプロデューサー

プロデューサーの仕事は、テレビプロデューサーの場合、番組制作のすべての決定権を持つ人になります。
ディレクターと混同されがちなのですが、プロデューサーの場合は、ディレクターと企画を寝るときに、さまざまな角度から番組の構成を考え、検討していきます。

ディレクターの場合は、番組のキャスティングまではおこないませんが、プロデューサーはその番組のキャスティングにも大きく関わってきますので、プロデューサーが番組のキャスティングを決定するといっても過言ではありません。
映画の場合、映画監督がキャスティングを決めることがままあり、その監督の映画では、いつもスタッフが似通っているということがありますが、プロデューサーにおいても同様のことがいえると思われます。

やはり下積みは苦労の連続

プロデューサーになるには、APと呼ばれるアシスタントプロデューサーの仕事をして、プロデューサーに上がっていくという流れが一般的です。
APになるには、特に資格が必要ということではないので、コネクションなどが重要になるといえるでしょう。
芸能活動を行っていた方が、引退後APとして働き始めることもままあります。

ADと呼ばれるアシスタントディレクターの仕事は、本当に過酷だといわれていますが、APの仕事も心身ともにハードではあるものの、ADほどの苦労はないようです。
ちなみにADやAPの仕事を行う人間を派遣する会社もあります。
派遣会社といっても、その会社では正社員として扱ってもらえますので、雇用形態が悪いということはありません。
そのような派遣会社に所属をして、APなどの仕事をするという流れを踏むと、コネクションがなくても業界での仕事に就きやすくなると思われますので、テレビ業界で働きたいけれど、コネクションがまったくないのでどうすればよいのかわからない、という方は、そうした派遣会社を利用するのもひとつの手です。

■プロデューサーに向いている人(作成中)