知りたい!モデルに携わるお仕事 » プロデューサーに向いている人

プロデューサーに向いている人

プロデューサーの仕事は、番組を企画して実現させること。
番組を制作するには制作費が重要となりますので、制作費の中でより面白い番組を制作できるように、お金の使い方、管理が上手であることが、プロデューサーに求められる大きな要素だと思われます。

それぞれの番組に制作費が定められていますが、自分がもっているいくつもの番組の制作費をやりくりすることで、より質の高い番組作りができます。
こうしたやりくりが上手な人が、プロデューサーに向いています。

また、番組制作をする上で、費用がかかる提案をするスタッフがいます。
もちろん必要であればその提案を採用するのですが、テレビ局も不景気で思うように制作費を使うことができません。
そこで、「その企画は本当に制作費を費やす価値があるか」ということを見極める能力も、プロデューサーに必要な素質です。
企画に関してだけでなく、プロデューサーはさまざまな決断をしなければならない場面が多いので、そのときによりよい決断が出来る人、判断力と決断力がある人が、プロデューサーに向いています。

また、ディレクターにもいえることですが、プロデューサーも数多くの人とコミュニケーションをとりながら番組を企画していきますので、コミュニケーション能力は必須です。
ディレクターとは密にやりとりをしながら番組作りを進めていきますので、こうした人たちが気持ちよく仕事に取り掛かれるような雰囲気作りができることも大切。

APと呼ばれるアシスタントプロデューサーになると、ロケ弁の手配などを行い、番組の出演者や関係者が、より気持ちよく仕事ができるお手伝いをするのが役割となります。
そのため、おいしいロケ弁情報や、ちょっとした気遣いに関する情報をこまめに収集し、快適な現場づくりができる人が、よりよいアシスタントプロデューサーになれる要素を持っています。

優秀なプロデューサーになるには、かなり幅広い要素を必要とする、ということがいえるでしょう。
そのすべてを満たすということは難しいですが、いずれかの素質があり、経験を重ねることで、よりレベルの高いプロデューサーになっていくのではないでしょうか。

プロデューサー職も非常にハードな仕事になりますので、ディレクター同様心身ともにタフであることは必須。
テレビ番組の制作などでは徹夜になってしまうこともありますし、接待も多いので、ハードスケジュールをしっかりこなせる体力づくりを行うことも、大切かもしれません。