知りたい!モデルに携わるお仕事 » プロデューサーの給料

プロデューサーの給料

テレビ局と制作会社

プロデューサーという仕事でも、仕事をする場合はテレビ局のプロデューサーとして、または制作会社のプロデューサーとして働く2つの場合があります。
そしてテレビ局でも地方からキー局、制作会社でも中小から大手まであり、これにより給料は違います。

テレビ局のプロデューサーの場合は、年収が高いと一般的に言われていますが、確かに高いです。
キー局では、30代でも1,000万円以上の年収となり、40代以上となると年収1,500万円以上、さらに上の役職となってエグゼグティブプロデューサーだと、年収2,000万円以上となります。
更に地方局でも40代以上だと年収1,000万円以上と言われています。

一般的な企業では30代で年収1,000円万以上となるのは、証券会社や大手の有名企業などの場合ですから、高給と言えるでしょう。

そして番組の制作会社のプロデューサーとなると、多くても年収500万円ぐらいとなり、給料が高いかどうかは人気番組に関わるかどうかにかかります。
人気番組に関われば給料はずいぶんと高くなると言われています。
しかし番組制作会社だと予算が限られていたり、スケジュールが過密であったりと大変な場合も多いです。
制作会社で年収1,000万円以上を目指すのは大変です。

テレビ局のプロデューサーは高給ですが、そこに行くまではとても大変です。
まずプロデューサーになるためにはアシスタントディレクターなどを経験して、それを10年以上勤めるとプロデューサーになる場合が多いです。
しかもテレビ局に入るためには、学歴も重要であり、6大学出身の人が多いので、そのような高学歴でないと入社は難しいです。

これが制作会社のプロデューサーとなると、学歴は必ずしも高学歴である必要はなく、アルバイトやディレクターなどを経験して、そしてプロデューサーにそのままなる人がいます。
制作会社のプロデューサーとなると、予算が厳しい範囲でスケジュールも激務の中で働くので大変です。

高給だが激務

プロデューサーは激務であると言われています。
地位が高くなるので仕事が楽になるかというとそうではなく、仕事内容としてはタレント事務所への挨拶や部下の制作した映像の確認、ロケには立ち会わないといけないなどの仕事は多数有り激務です。

あまり休みはなく深夜まで仕事することも多いので体力も求められる仕事です。
プロデューサーになるには男女関係なく誰でもなることは可能ですが、上記のような仕事が忙しいことが多いために男性がなることが多いです。
プロデューサーになるには、高収入というのはとても魅力的ですが、それ以上に実際に仕事をするととても激務で大変なので、仕事に情熱を向けられないと続けていくのは難しい仕事です。