知りたい!モデルに携わるお仕事 » プロデューサーを目指す学校

プロデューサーを目指す学校

プロデューサーになるには

プロデューサーになるためには、もちろんテレビ局や番組制作会社に入らないといけませんが、まずはADやディレクターからスタートして、その後プロデューサーになる場合が多いです。
そしてテレビ局に入社するためには学歴が求められます。

高学歴である必要はあるので、大学を卒業していることは条件であり、大学も有名国立大学や有名私立大学を卒業していないとならず、一例として早稲田や慶應などがその大学です。
しかしこのような難関の大学を卒業したとしても、テレビ局の採用枠は一握りなので狭き門となっており、入社するのも大変です。
ただし学歴がないと応募しても落とされるでしょうから、まずは高学歴を目指し、有名大学を卒業すべきです。

映像の知識

もしもテレビ局に入社したとしても、すぐにプロデューサーになれるとはならず、まずはADや見習いやディレクターとして働き、徐々に地位を上げていきます。
どんなに高学歴でも、テレビ局では1からスタートします。
もしも将来的に役に立つと思うなら、映像に関する知識を学んでおくと良いでしょう。

映像制作などを学べる専門学校などもありますので、このような学校へ行けばドラマや映像の制作実習やシナリオ制作などを学べます。
このように学生時代から映像のことを学んでおけば、基礎知識を身につけてから就職が出来、テレビ局に入社すると役に立つかもしれません。

学歴は能力に関係ない

たとえ高学歴なプロデューサーであったとしても、面白い番組を作れるとは限らず、その能力はその人のセンスに関わります。
そしてプロデューサーはとても激務であり、深夜までの仕事も多く休みも少ないです。
プロデューサーになれば、給料は高くなり、一般企業の社員よりも遙かに高い給料をもらえますが、激務の中では番組への制作意欲などがなければ続けるのは難しい仕事です。

プロデューサーになりたいと思うなら、まずはADになることが良いでしょう。
テレビ番組に直接関わることが出来、企画発案から制作番組の放送まで、1から10まで番組制作に関することにすべて関わることが出来、番組制作のことをいち早く知って身につけていきたいとおもうなら、ADがとても良いです。

プロデューサーになるためには、現場を知らなくてはなることはできず、テレビ局に入社してもすぐにはなれない役職です。
ADを最初に経験するのも良いですが、さらにはその経験を活かしてアシスタントプロデューサーとなり、そこでプロデューサーの仕事はどのようなものかを知っていくのも良いでしょう。
どのような道をたどったとしてもまずは、テレビ番組制作の現場を知るということを念頭に置いて、仕事をするとプロデューサーへの道は近づきます。