知りたい!モデルに携わるお仕事 » 音響エンジニアとは

音響エンジニアとは

活躍を広げる音響エンジニア

音響エンジニアの仕事は、テレビやラジオ、コンサートなど音響を必要とする場で、音声レベルの調整、レコーディングに伴う音の調整などを行うものになります。
最近は実にさまざまな音楽がうまれていますので、音響エンジニアの活躍の場はどんどん広がり、さらに需要は高まっているようです。

音響スタッフの主な活躍の場は、レコーディングスタイ所や音響会社、テレビ局やラジオ局などさまざまな場所があります。
音響会社は、会社内のスタジオで仕事をすることもあれば、コンサート会場などに出張をして仕事を行うことも多いです。
コンサート会場では、音響設備を設置、管理するのも音響スタッフの仕事となりますので、仕事内容はかなりハードになります。

エンジニア系の人が適性

音響スタッフは、美容にはあまり関係がないと思われがちですが、ヘアーショーなどの音響を管理することも多いので、美容関連とも繋がりがあります。
逆に、音に関する仕事なので、音大などを出ていることが望ましいかと思いきや決してそうではなく、エンジニアとして仕事をするには、工学部や通信工学科などで勉強しているほうが、実務に就いた時にスムーズに仕事ができるそうです。

音響エンジニアになるためには、国家資格などは特に必要ありません。
しかし、音響に関する専門知識が必要となりますので、前述したように大学や専門学校などで、専門知識を学ぶことは必要不可欠であるといえるでしょう。
大学で別の分野を選考していたとしても、クラブDJなどのアルバイトをしながら本格的に音響について学んできた、ということであれば、学校を出ていなくても実務に入りやすいかもしれません。

ほかの項では、具体的に音響エンジニアとして学べる学校についてご紹介しています。
将来音響関連の仕事に付きたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

■音響エンジニアを目指す学校(作成中)