知りたい!モデルに携わるお仕事 » スタイリストとは

スタイリストとは

雑誌、映画、ドラマなどで活躍

スタイリストの仕事は、ファッションモデルが撮影のために着用する洋服のスタイリングを行うのが主な仕事です。

雑誌の撮影に必要なスタイリングを行うことが多いですが、その他にも映画やドラマの衣装のスタイリング、アーティストのコンサートの衣装のスタイリングなど、衣装に関するさまざまなスタイリングを行います。
中には、美容系やコスメブランドのプロデュースを行うファッションスタイリストもいらっしゃいます。

スタイリストになるためには、さまざまな道のりがありますが、服飾系の専門学校や美大でテキスタイル科などを学び、洋服に関する知識をつけてから、スタイリスト事務所に所属する、という方法がひとつあります。
しかし、必ずしもこうした流れでスタイリストになった、ということもないようで、ひょんなことからスタイリストの道を開かれた方も少なくありません。

チャンスはいつ来るか分からない

現在第一線でスタイリストとして活躍している方は、もともとグラフィックデザイナーになるための勉強をしており、ひょんなことからファッション誌の編集部に出入りするようになって、そこで後に師匠となるスタイリストに出会い、アシスタントとして働くようになって、その後スタイリストとして独立したのだそうです。

もう一人の有名スタイリストは、洋服のセレクトショップで働いており、そこにお客さまとして来店したスタイリストにスカウトされて、アシスタント業務をはじめ、その後独立したのだとか。
スタイリストという仕事は、本当にいろいろは方向からご縁が繋がっていくものなのかもしれません。

こうした方々は、特に服飾に関する勉強を学校でした、というわけではないようですが、やはり始めからスタイリストになりたいという目標のある方は、服飾に関する勉強をしておくことをおすすめします。
最近の服飾専門学校は、かなり多方面から服飾についての授業を展開していますので、実務についてからも役立つことはたくさんあるようです。
卒業制作ではウエディングドレスをつくるという学校もあり、それだけでもとても勉強になりそうですよね。

以下の項では、スタイリストに対する適性や、その他いろいろな情報をまとめていますので、引き続きお楽しみいただければ幸いです。

■スタイリストに向いている人(作成中)
■ファッションスタイリング検定(作成中)