知りたい!モデルに携わるお仕事 » ファッションスタイリング検定

ファッションスタイリング検定

ファッションスタイリング検定は、日本ファッションスタイリスト協会が運営している資格で、スタイリングに関してのレベルを検定します。

受験資格は特になく、誰でも受験可能ですし、民間資格によくある「講座を受講しないと受験できない」という制約もないので、ファッションに興味がある方なら気軽に受けることができるのもうれしいですね。
ファッションスタイリング検定3級の対策テキストがあるので、そちらを購入して学習を進め、受験の勉強をする流れになります。

試験内容は学科試験を中心とし、100問の問題のうち、70問以上正解することで合格となります。
出題範囲はテキスト内からの出題となりますので、きちんと勉強していれば十分に合格することが可能です。
試験費用は6,000円、申込み後に入金したら、いかなる理由があれど返金はできないようですので、スケジュールなどをきちんと確認されてから申込まれることをおすすめします。

スタイリストになるにあたり、何か資格を取得していないと仕事ができない、ということはありませんので、こちらの資格を取得しなければスタイリストになれない、ということではありません。
しかし、スタイリストという仕事の線引があいまいだからこそ、自分のスタイリング能力についてきちんと把握したいという方は多いと思います。

こちらの検定を受けることで、合格すればスタイリングに自信をつけることができますし、スタイリストとしての勉強を、資格の勉強を通して行うというのもひとつの手です。
申し込みはインターネットから手軽に行えますので、気軽に受験してみるとよいと思います。

実際にスタイリストとして活躍されている方で、スタイリストになるために資格をとった、という方は少ないかと思います。
スタイリストの仕事は、もちろんそれを目指してなった、という方も多いですが、企業の面接のように資格でスキルをアピールするといいうことは少ないのではないでしょうか。

あるスタイリストがいて、その人に弟子入りしてアシスタント業務を行い、実務を通して能力をつけて一人前になっていく、というパターンが多いと思われます。
ですので、資格をとったからスタイリストになれる、と考えるのではなく、よりよいスタイリングをするための勉強のひとつとして検定を捉えるとよいでしょう。

おしゃれが好き、ファッションが好きという方が趣味と実益を兼ねて受験する、というのもよいと思います。
ファッションは幅広い女性が興味をお持ちかと思いますので、よりセンスを磨くために受験してみるのもおすすめです。