知りたい!モデルに携わるお仕事 » スタイリストの給料

スタイリストの給料

スタイリストとアシスタントでは報酬がまったく異なる

スタイリストというと、とてもカッコよくて年収も高い仕事のように思えますが、雑誌や広告のスタイリングを行う超売れっ子スタイリストは別として、平均年収はすごく高いというわけではないようです。

さらにスタイリストになる前のアシスタント業務になると、年収はさらに下がり、月収だと月10万円前後であることもしばしば。
美容室でもアシスタントの月収はかなり低いので、美容やファッション業界は、実力をつけるまでは報酬は低いということがいえます。

アシスタントは、お給料をもらいながら修行をさせていただいている状態なので、報酬が低いというのも仕方がないことなのかもしれません。

とはいえ、スタイリストでも年収は300万円弱から500万円前後といわれていて、すごく高いとはいえないようです。
フリーランスの場合は仕事の増減によって年収が前後することもありますが、その分経費などもかかりますので、手取り年収となるとスタイリスト事務所などに所属しているのとそう変わらないということも。

フリーランスのほうが年収は高い?

ある程度仕事のできるスタイリストになると、事務所にマージンを取られるよりも、クライアントから直接仕事をもらえるほうが実入りがよいということから、フリーで活動している人が多いです。

最初はスタイリスト事務所に入社してアシスタント業務から入り、その後一人前のスタイリストになったら、より実力をつけ、またコネクションも培っていきます。
その後フリーになり、専属時代のコネクションを活かして仕事をもらうという流れです。

ただし、フリーランスは一度仕事に失敗したら、次の依頼はもう来ないものだと思うくらいの覚悟がないと務まりません。
常に自分のすべてを出し切る仕事をして始めて、次の仕事につながると思っておいたほうがよいでしょう。

業界は狭いので、フリーになってからトラブルにならないようように、退社時には今後の仕事の取り方などをある程度報告し、了承を得ておくとよいと思います。
事務所もスタイリストの独立は慣れっこですから、常識のある事務所であればにこやかに送り出してくれるでしょう。

超売れっ子スタイリストになると、書籍を刊行したり、自分が雑誌の取材を受けるといった仕事も増えてきて、スタイリスト以外の仕事でも収入を得ることができるようです。
そのためにも、日々あらゆるところに広くアンテナを張り、おしゃれといえなこの人、といわれるくらいの実力をつけるべく日々精進することはとても大切です。