知りたい!モデルに携わるお仕事 » スタイリストを目指す学校

スタイリストを目指す学校

スタイリストへの道

スタイリストになるためには、必須の資格というものはなく、スタイリストとしての技術さえあればなることは可能です。
仕事をするなら道は大きく分けて2つあり、スタイリスト事務所に入り仕事をする、スタイリストのアシスタントをして仕事を覚えていくという道があります。
どちらの道へ行っても、まずは見習いのような立場で雑務などを行いながら、少しずつスタイリストとしての仕事を覚えていくこととなります。

独学でも仕事をするのに必須の資格はないので、技術さえ身につければ事務所などでの採用の道はありますが、独学の場合は厳しい道のりです。
まずスタイリストはデザイナーとも仕事内容は違い、服に関する事を学ぶ必要があり、しかも仕事を得ていくには、それなりのセンスも求められるでしょう。
読者モデルやファッション雑誌編集者で働いているなどの場合から目指すときでも、上記のようなことは1から学ばないといけません。

スタイリストとして働いている人の多くが、服飾系のスクールなどを卒業しているので、確実に技術を磨いてスタイリストの道を目指すなら、やはり専門学校やスクールへ通った方が確かです。
ただし周りにスタイリストとして働いている人がいて、その人の元で働かせてもらえるとなると話は別ですが、やはり知識が全くないとそのような環境でも雇ってもらうことは難しいので、学校へ行くべきでしょう。

スタイリストの技術が学べる学校

スタイリストになるための技術を学べる学校としては、一番思いつくのは服飾系の専門学校でしょう。
専門学校としてスタイリスト科などの学科を設けているところがあるので、そのような学校へ行くとスタイリストとしての技術を学べます。

多くの専門学校は2年制であり、日中に通うところが多いです。
中には夜間制の専門学校もありますので、そのような学校なら日中忙しい人向けです。
日中はアルバイトをして稼ぎ、夜に学校へ行って学ぶという方もいます。
まずはその専門学校で何を教えているか調べて、自分学びたい内容と合う学校へ行くと良いです。

専門学校によっても講座内容は違いますので、調べる必要はあります。
その専門学校がどのようなことを教えているかよくわからないと言う場合は、学校によっては体験入学を開催しているところもありますので、一度体験入学して学校の様子を知るという方法もあります。
どれぐらい費用がかかるのか、卒業後のサポートはあるのかなども調べておくと良いでしょう、

通信講座でもコーディネートコースなどがありますが、こちらはアパレルショップの店員向けのようなコーディネートの技術を学ぶための講座なので、スタイリストになりたい人向けではありません。